配偶者からの暴力被害者支援情報

ホームへ戻る

相談機関一覧 その他の相談窓口

民間シェルター

民間シェルターとは

いわゆる「民間シェルター」とは、民間団体によって運営されている暴力を受けた被害者が緊急一時的に避難できる施設です。現在民間シェルターでは、被害者の一時保護だけに止まらず、相談への対応、被害者の自立へ向けたサポートなど、被害者に対する様々な援助を行っています。NPO法人や社会福祉法人等の法人格を持っているところや、法人格を持たない運営形態を取っているところもあります。各都道府県・政令指定都市が把握している民間シェルターを運営している団体数は全国で115(平成28年11月1日現在)です。民間シェルターは被害者の安全の確保のため、所在地が非公開になっています。

※民間シェルターに対する地方公共団体からの財政支援については、地方交付税法における特別の財政需要として、平成13年度以降の特別交付税の算定基準に盛り込まれています。