配偶者からの暴力被害者支援情報

ホームへ戻る

「女性に対する暴力」に関する調査研究 関係省庁等が行った関係調査一覧

男女間における暴力に関する調査

調査実施のお知らせ

「男女間における暴力に関する調査」にご協力をお願いします [PDF形式:653KB]別ウインドウで開きます

調査の概要

調査の目的

男女間における暴力の実態について調査し、男女間の取り巻く環境の変化に応じた被害傾向の変化等に対応する施策の検討に必要な基礎資料を得ることを目的とする。

調査の沿革

本調査は、平成11年度から開始した。以降3年毎に調査を実施。

調査の根拠法令

統計法(平成19年法律第53号)に基づく一般統計調査

調査の対象

全国20歳以上の男女5,000人(平成17年度調査までは4,500人)

抽出方法

層化2段無作為抽出法

調査事項

配偶者からの暴力被害、交際相手からの暴力被害、執拗なつきまとい等の経験、異性から無理やり性交された経験等

調査の時期

3年に1度(不定期)10~12月頃

調査の方法

調査票の記入は自計申告方式とし、調査票は郵送配布、回収は民間事業者の調査員による訪問回収により行っている。

調査の結果

平成26年度調査
平成23年度調査
平成20年度調査
平成17年度調査
平成14年度調査
平成11年度調査

公表予定

平成27年3月27日公表済み(平成26年度調査)

問い合わせ先

内閣府 男女共同参画局推進課 暴力対策推進室
電話03-5253-2111