AV出演被害防止・救済法が施行されました
(令和4年6月23日)

AV出演被害防止・救済法(令和四年法律第78号)

そのAV出演契約、やめることができます。
出演契約を無力化するルールが新しくできました。

〈ポイント〉

  • 契約締結時には、契約書等を交付し、契約内容について説明する義務があります。
  • 契約してから1か月は撮影してはいけないこと、撮影時には出演者の安全を確保すること、撮影や嫌な行為は断ることができること、公表前に事前に撮影された映像を確認できること、すべての撮影終了後から4か月は公表してはいけないことを義務付けています。
  • 撮影時に同意していても、公表から1年間(法の施行後2年間は「2年間」)は、性別・年齢を問わず、無条件に契約を解除できます。
  • 契約がないのに公表されている場合や、契約の取消・解除をした場合は、販売や配信の停止などを請求することができます。
  • 性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターで相談・支援を行います。
アダルトビデオに出る約束(契約)に誘われた方や契約をした方へ 法律について知りたい方へ

被害事例【こんな被害が起きています】

親切なふりをして近づいたり、アイドルになりたい心情を利用するなどのAV出演被害が起きています。
被害の事例を紹介しています。

被害事例について[PDF形式:226KB]別ウインドウで開きます

野田聖子内閣府特命担当大臣(男女共同参画)メッセージ

動画(3分33秒)

啓発資料

相談先を案内した啓発ステッカーとカードを作成しました。当サイトからダウンロードして、学校や公共施設、商業施設、その他多くの人が立ち寄る場所のトイレなどでご使用ください。

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019