内閣府男女共同参画局 GENDER INFORMATION SITE

内閣府ホーム > 内閣府男女共同参画局ホーム > 主な政策 > 女性に対する暴力の根絶 > 若年層を対象とした交際相手からの暴力の予防啓発教材について

内閣府共通検索

若年層を対象とした交際相手からの暴力の予防啓発教材

「人と人とのよりよい関係をつくるために交際相手とのすてきな関係をつくっていくには」について

「人と人とのよりよい関係をつくるために交際相手とのすてきな関係をつくっていくには」
ダウンロードはこちらから

内閣府が平成20年度に実施した「男女間における暴力に関する調査」において、交際相手からの被害経験を聞いていますが、10歳代、20歳代のときの交際相手から被害を受けたことが「あった」と回答した方は、女性13.6%、男性4.3%でした。

昨今、若年層の男女間における暴力(交際相手からの暴力)の問題が注目されていますが、その背景には、若年層においても暴力の問題が身近に存在しているためと考えられます。

平成17年12月に閣議決定された「男女共同参画基本計画(第2次)」においては、女性に対する暴力の予防と根絶のための基盤づくりとして、暴力の発生を未然に防ぐため、女性に対する暴力の加害者及び被害者となることを防止する観点からの予防啓発プログラムの作成及びそれを用いた予防のための取組を進めることとしております。

また、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」に基づく「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策に関する基本的な方針」(内閣府、国家公安委員会、法務省、厚生労働省告示)においても、若年層への教育啓発について言及しています。

内閣府は、若年層に対して、交際相手や配偶者からの暴力の問題について考える機会を積極的に提供することが、男女間における暴力の防止に有用であると考え、男女の対等なパートナーシップや暴力を伴わない人間関係の構築に向けた啓発の実施を目的に、予防啓発プログラムの開発を進めてきましたが、今般、完成しましたので、ぜひ積極的にご活用いただきますようお願いします。

「共同参画」2010年7月号で紹介しております指導者用DVDは、教材を用いた指導の方法について解説した、指導者向け映像資料です。指導者用手引で説明しているワークショップ形式での授業風景映像が収められています。授業の進め方や指導者と受講生とのやりとり等を、指導者の方に参考にしていただくものです。  なお、指導者用DVDについては、都道府県の男女共同参画を所管する部署及び教育委員会、市町村の男女共同参画を所管する部署、大学、全国の男女共同参画センター等にお送りしております。

本DVDは非売品です。

全国の男女共同参画センター及び視聴覚ライブラリなどで視聴することができます。

内閣府男女共同参画局でも、貸出を行っておりますので、ご希望の場合は、下記メールフォームでのご連絡をお願いいたします。

貸出申請用メールフォーム

貸出に関するお問い合せ先:内閣府男女共同参画局総務課広報啓発担当

男女共同参画週間キャッチフレーズ

内閣府男女共同参画局  Gender Equality Bureau Cabinet Office
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)