先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

中北萌香仮イメージ
  • 中北 萌香さん
  • 甲南大学大学院自然科学研究科化学専攻1年
  • 研究分野・内容:全固体リチウムイオン電池
  • 全固体リチウムイオン電池に使用できる固体電解質の新たな合成方法の検討をしています。
  • 所属学会:電気化学会

理学系分野を選択した時期・理由

理工系分野の選択を意識したのは高校受験で、社会科が苦手で勉強するなら理科がいい。という単純な理由でした。様々な反応が起こり、目の前で見える変化をする様子が興味深く、特に化学が好きでした。大学受験では将来の夢である教員になるための学部選択も考えましたが、大学での実験、研究はどんなに面白いのだろうと考え、理工系分野を選択しました。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

失敗したときに、その失敗から得られたことより次にどう改善してみるか、改善したことによりどう変わったのか、何度も試行錯誤と失敗の繰り返しでいやになるときもありますが、その分成功したときの嬉しさはとても大きいです。そして、その研究を行っているのは自分が世界初、なんてこともあります。自分の行った研究が全固体電池の実用化に向けて少しでもなにか貢献できるといいなと思い、日々研究しています。

女子中高生・女子学生の皆さんへのメッセージ

将来、理工系の就職をしたいと考えている人にはぜひ理系に進んでほしいと思います。理科は好きだけど理系は難しそうといった様な印象を持っている方もいらっしゃると思います。好きこそものの上手なれという言葉があるように好きなことは深めていこうと思えるし、苦労することがあっても頑張れます。そしてやっていくうちにどんどん楽しくなってきます。理系はまだ男性のほうが多いですが、リケジョという言葉ができるくらい女性の数も少しずつ増加していると思います。研究は専門分野以外の知識が必要になるときがあり、大変なこともありますが、楽しいですよ。

ぜひ頑張ってください!

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019