先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

先輩に質問!
鶴田佳子プロフィール写真

研究分野:都市計画
少子高齢化・地方分権・市民参加という時代の流れを反映したよりよい居住環境づくりと事前復興に不可欠となる“地域力”の向上を目指し、研究成果が地域のまちづくりにも貢献できるよう研究活動を行っています。

理工系分野を選択した時期・理由

物心ついたときから共稼ぎをしていた両親のもとで育ち、女性であっても社会で自立して働き続けることを当たり前に思うようなったことがその後の生き方の基となっていると思います。理工系を選択した時期は、皆さんの多くもそうかと思いますが、高校二年生に進級するとき理系コースを選択したことが始まりです。そして、物事の源に対する興味、それを解明したという思いが理工系を選択した背景になっています。

都市計画の道に進んだのも、大学4年生の卒業研究の一環で調査に出向いた、江戸時代にでもタイムスリップしたような昔ながらの長屋住宅地区に衝撃を受け、どのようにしてこんな街ができたのか解明したくなったのが始まりです。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

実際の都市計画、まちづくりの実践とつながった研究活動、地域貢献ができることです。

地元はもちろん国内外の自治体職員の方々、地域を支える住民の方々と交流を持ち、多くの刺激を受けながら、安全・安心、持続可能な都市の創造を目指して、実際のまちづくりに参加できることに日々やりがいと責任を感じています。

女子中高生・女子学生の皆さんへのメッセージ

混沌とした時代にあって、将来に夢や希望が見いだせず、悩んでいる方々もきっと多いことと思いますが、周りがどんな状況であっても、自分のやりたいことに向かって突き進んで欲しいと思います。特に女性の場合は、出産、育児、親の介護など、まだまだ日本社会にあっては、男性に比べ仕事を続けるには厳しい環境にあることは否めません。二人の子供の育児に奔走し、仕事を続けてきた18年を振り返ると、どんな時にあっても、細々でも続けていれば、あるいは気持ちを持ち続けていれば、きっと、その間の経験も財産となって、その後の仕事や人生に活かされ、多様な価値観の一旦を担いつつ、社会に貢献できるのではと感じています。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019