「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言

第9回リーダーミーティングを開催

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言 第9回リーダーミーティングを開催

令和3年11月4日、第9回「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」リーダーミーティングをオンラインで開催しました。

平成26年に9名で始まったこの会は、女性活躍推進に積極的な企業団体のトップの男性リーダーが集まり、現在270名近い男性リーダーへ参加の輪が広がっています。当日は、過去最大人数となる男性リーダーと男性リーダー所属団体の役員等のオブザーバー約200名にご参加いただきました。

開催概要

1.野田聖子 内閣府特命担当大臣(男女共同参画) 女性活躍担当大臣 開会挨拶
 野田大臣は、「女性活躍を推し進めるためには組織トップのコミットメントが重要」という考えに賛同いただき、自ら行動を起こし、発信されている男性リーダーの皆様へ敬意を表すとともに、「男性リーダーの会」が女性活躍推進の中核になることを期待している旨を述べました。
 また、民間企業における女性の採用から管理職・役員へのパイプラインの構築はまだまだ途上であり、役職に就く女性の登用先は広報やIR、CSRといったバックオフィス部門であることも多く、経営戦略など、組織の中核部門への女性の参画は進んでいない現状を踏まえ、男性リーダーの皆様には、ぜひこうした課題について忌憚のないご意見をいただきたいと伝えました。

  • 野田聖子 内閣府特命担当大臣(男女共同参画) 女性活躍担当大臣

2.パネルディスカッション
 「ビジネス分野の最前線で活躍する女性として男性リーダーへ期待すること」をテーマに、世界経済フォーラム日本代表の江田麻季子氏、本田技研工業株式会社取締役の鈴木麻子氏、株式会社IHI顧問(元取締役)の水本伸子氏の3名に登壇いただき、パネルディスカッションを行いました。
 「これまでで印象に残っている男性リーダーとの思い出」や「キャリア形成に対する姿勢」「組織や社会全体として男性リーダーに求める取組」等について、ご自身の経験を基にお話しいただくとともに、「男性リーダーの会」参加者に対してのメッセージをお伝えいただきました。

  • パネルディスカッションの様子

3.グループディスカッション
 男性リーダーがグループに分かれ、「自身の団体の女性活躍の達成度」の紹介や、「女性役員・女性管理職登用のために、男性リーダーとしてコミットしていること(特に、経営企画・経営戦略等、組織の中核部門への女性の参画拡大のためにどのような取組が必要か、また、そのような課題に対する実際の取組事例について)」のテーマの下、意見交換を行いました。
 グループディスカッションの終わりには、各グループで出た意見を共有するとともに、男性リーダーの皆様の考える「私の行動宣言」をそれぞれがフリップボードに記載しました。

4.林伴子 男女共同参画局長 閉会挨拶
 林局長より、女性活躍推進に関する取組を推し進めるためには、組織トップである男性リーダーの皆様のご協力が欠かせないこと、男女の意識や働き方はトップの一言で大きく変わるため、男性リーダーの皆様にも、今後とも内外にメッセージを発信することで強い意志を示していただき、自らの組織の女性活躍を進めるとともに、女性活躍の社会的ムーブメントを一層広げるべく、お力をお貸しいただきたいと述べました。
 また、女性が能力を最大限に発揮して活躍し、日本の経済及び社会に貢献できるよう、各省を巻き込んで政府一体となり、全力で取り組んでいくことを伝えました。

グループディスカッションご意見概要

◆ご意見まとめ
・女性の登用が順調に進んでいる企業や団体は、目標設定や人事評価制度の変更、従業員との対話等トップのコミットメントが背景にあることがわかった。一方、社会全体としては家庭の役割分業が残っており、家庭から変わっていくことが必要であると感じた。
・「女性」の中にも多様性がある。多様さを見せることが大切。アンコンシャスバイアスを取り除く取組を共有することができた。
・理系に進む女性が少ないことも一つの課題であり、入り口を増やすだけでなく、親や社会全体への理解を働きかける取組をしていきたいという意見が出た。
・テレワークが進むことによって働き方が大きく変わっており、従業員それぞれのライフに寄り沿った働き方(在宅勤務や転勤制度の見直し等)が求められているという認識が一致した。
・女性活躍の推進は、人事戦略ではなく経営戦略の中心軸であり、サスティナビリティ経営を進めている中では、多様性をもって全員が活躍できるようにしていくことは、各企業だけでなく社会的な課題であるという意見が多く出た。
・トップ自らダイバーシティに取り組み、自発的な取組の旗振り役として環境を作りコミットすることが必要。また、トップダウンだけでなく、例えばトップの下のミドルマネジメント層含め女性が組織の中核になる仕組みづくりをすること、女性自身が自ら意思を持って積極的に活躍したいという意識づくりをすること、国、社会全体として意識を変えていくこと等が必要であると分かった。
・女性の登用を進めるにあたって、「候補者がいないことを言い訳にしない」という考えに皆賛同した。
・メンターではなくスポンサーを付けることで女性の昇進意欲をかき立てることにつながるのではないか、という意見が出た。また、各企業団体の女性登用へのインセンティブの取組を知り勉強になった。
・管理職になる重要な時期と、女性のライフステージの変化を迎えるタイミングが重なる可能性があることを配慮する必要や、昇進の理由にはフェアネスが必要であり、結果に基づいて昇進をさせることで男性社員の納得感も得られることが分かった。トップからのメッセージは重要だが、それをいかに組織に浸透させ、魂を入れていくかを考える必要があると感じた。
・固定的なポジションに女性が偏ってしまうことに対し、ポジティブアクション等のトップの決断が重要であり、トップダウンならではの決断をやってみようという力強い言葉を聞くことができた。

◆男性リーダーによる「私の行動宣言」

※男性リーダーの皆様が記入したフリップボードは、後日公開します COMING SOON!

出席された賛同者の皆様 ※敬称略 氏名五十音順

青野 慶久
サイボウズ株式会社 代表取締役社長
有馬 浩史
株式会社日本ピーエス 代表取締役社長
安藤 孝夫
三洋化成工業株式会社 取締役会長
石橋 邦裕
ブルームバーグL. P. ジャパンチェア
石脇 智広
石光商事株式会社 代表取締役社長
伊藤 秀二
カルビー株式会社 代表取締役社長兼CEO
伊藤 秀博
レカム株式会社 代表取締役社長兼グループCEO
稲垣 精二
第一生命ホールディングス株式会社、第一生命保険株式会社 代表取締役社長
大塚 芳正
社会福祉法人美芳会 理事長
大野 元裕
埼玉県 知事
大森 雅夫
岡山市 市長
岡 正朗
国立大学法人山口大学 学長
柿木 厚司
JFEホールディングス株式会社 代表取締役社長
加藤 剛士
名寄市 市長
菊地 豊
伊豆市 市長
衣川 和秀
日本郵便株式会社 代表取締役社長
木下 孝彦
NECネクサソリューションズ株式会社 代表取締役 執行役員社長
木村 浩一郎
PwC Japan グループ 代表
工藤 英之
株式会社新生銀行 代表取締役社長
クリストフ・ウェバー
武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 CEO
黒木 昭彦
株式会社ドクターシーラボ 代表取締役社長
古出 眞敏
アフラック生命保険株式会社 代表取締役社長
合田 一朗
東海東京フィナンシャル・ホールディングス 代表取締役社長
古賀 博文
三井倉庫ホールディングス株式会社 代表取締役社長
小長井 義正
富士市 市長
ジェームズ・ナッシュ
AIGジャパン・ホールディングス株式会社 代表取締役社長兼CEO
篠原 弘道
日本電信電話株式会社 取締役会長
島田 和幸
株式会社ファンケル 代表取締役 社長執行役員 CEO
清水 雅文
愛南町 町長
下鶴 隆央
鹿児島市 市長
千田 哲也
株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長
高田 幸徳
住友生命保険相互会社 取締役代表執行役社長
竹延 幸雄
株式会社KMユナイテッド 代表取締役社長
竹増 貞信
株式会社ローソン 代表取締役社長
玉井 孝直
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 代表取締役社長 メディカルカンパニープレジデント
塚本 健太
コマニー株式会社 代表取締役 社長執行役員
富田 秀夫
リフィニティブ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
永田 良一
株式会社新日本科学 代表取締役会長兼社長
平井 嘉朗
株式会社イトーキ 代表取締役社長
平山 宏
株式会社システムリサーチ 代表取締役社長
福原 淳嗣
大館市 市長
堀内 容介
積水ハウス株式会社 代表取締役 副会長執行役員
マシュー・コリン
ギャップジャパン株式会社 代表取締役社長
松尾 清一
国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学 機構長・総長
松本 洋介
株式会社LiB 代表取締役CEO
丸山 将一
エムケー精工株式会社 代表取締役社長
丸山 寿
昭和電工マテリアルズ株式会社 取締役社長
皆川 治
鶴岡市 市長
峰岸 真澄
株式会社リクルートホールディングス 代表取締役会長兼取締役会議長
宮澤 英男
千葉信用金庫 理事長
宮橋 勝栄
小松市 市長
宮本 洋一
清水建設株式会社 代表取締役会長
望月 正惠
株式会社オネスト 代表取締役
森 俊哉
KPMGジャパン チェアマン
山口 明夫
日本アイ・ビー・エム株式会社 代表取締役社長執行役員
山口 貢
株式会社神戸製鋼所 代表取締役社長
山田 修
東海村 村長
山田 裕一
白石市 市長
吉岡 晃
アスクル株式会社 代表取締役社長CEO
内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019