平成30年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズの決定 | 内閣府男女共同参画局

平成30年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズの決定

「走り出せ、性別のハードルを超えて、今」 ~ 平成30年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズの決定 ~

  • 平成30年4月6日
  • 内閣府男女共同参画局

6月23日から29日までの1週間は、「男女共同参画週間」です。内閣府では「スポーツに関わるあらゆる分野での女性の参画を推進し、様々なスポーツに男性も女性も親しみ、チャレンジし、活躍できるようになるためのキャッチフレーズ」を募集し、応募総数3,101点の中から、審査の結果、以下の作品を選びました。〔募集期間:平成30年1月12日~2月28日〕

最優秀作品
「走り出せ、性別のハードルを超えて、今」 大川 麗さん(滋賀県)
優秀作品
「男と女のチームプレーがファインプレー」 東京都市大学 男女共同参画室 一同(東京都)
「みんな誰でもアスリート、みんな誰かのサポーター。」 松浦歩美さん(大阪府)