「共同参画」2014年 5月号

「共同参画」2014年 5月号

男女共同参画センターだより

仙台市男女共同参画推進センター(エル・パーク仙台)
公益財団法人せんだい男女共同参画財団

エル・パーク仙台は、1987年3月に「仙台市婦人文化センター」としてオープンしました。2001年4月にはせんだい男女共同参画財団が設立され、2003年5月に開館したエル・ソーラ仙台と共に仙台市から運営を受託。2003年「仙台市男女共同参画推進条例」施行により仙台市男女共同参画推進センターとして位置づけられ、“2館でひとつの推進センター”として機能を分担しながら事業を展開しています。

特徴は、2つのホール、調理実習室、フィットネススタジオなど、多様な貸室があること、NPOとの協働で運営する市民活動スペースがある点です。利便性の高い施設として年間約22万人の方にご利用いただいています。

もともと市民活動が盛んな仙台ですが、エル・パーク仙台は開館以来、女性グループの活動拠点として市民の皆様に愛されてきました。そのことが強く表われたのが、2011年3月に起きた東日本大震災でした。施設が一部損壊し、臨時休館を余儀なくされましたが、同年6月に5階、9月に6階のホールを再開しました。「開いてよかった!」との声を多くいただき、市民の皆様が活動を再開しながら日常を取り戻していく姿を目の当たりにし、センターが“ある”ことの大切さを改めて実感しました。

来年3月、仙台市において「第3回国連防災世界会議」が開催されます。国内外から延べ4万人以上の参加が見込まれ、一般公開の様々な関連事業が開催されますが、エル・パーク仙台は「女性と防災」に関連したシンポジウムなどが集まるテーマ会場となる予定です。これに先立ち、11月にプレ企画として「女性と防災せんだいフォーラム」を実施します。現在、このフォーラムを盛り上げようと、自由参加でアイディアを出し合う「フォーラムカフェ」を行っています。

11月のフォーラム、そして3月の国連防災世界会議での「女性と防災」関連イベントへの皆様のご参加を、お待ちしています。

(財団ホームページ http://www.sendai-l.jp/

「第3回国連防災世界会議」のホームページ
「第3回国連防災世界会議」のホームページアドレスhttp://www.bosai-sendai.jp/