内閣府男女共同参画局 GENDER INFORMATION SITE

内閣府ホーム > 内閣府男女共同参画局ホーム > 広報・報道 > イベント・シンポジウム > イベント・シンポジウム(平成25年度) > 再チャレンジを目指す女性のための『学びなおし教育』

内閣府共通検索

再チャレンジを目指す女性のための『学びなおし教育』

再チャレンジを目指す女性のための『学びなおし教育』
チラシ [PDF形式:730KB]別ウインドウで開きます

 産休・育児休業等長い離職期間を経た女性が、再び企業社会で活躍するには、職業能力を再び向上させる取組が欠かせません。自信を持って新たなスタートをするために、『学びなおし教育(リカレント教育)』に取り組もうとする皆様! 大学などの高等教育機関での実施状況、今後の展開について一緒に学び、再チャレンジの第一歩としてみませんか?

1.日時
平成25年12月6日(金曜日)
13時開始(開場12時30分、終了予定16時)
2.定員

99名(先着順、事前登録をお願いします)

3.参加費
無料

4.プログラム

<第1部>

基調講演「ワーク・ライフ・バランス(WLB)における女性の再就職に果たす『学びなおし教育』の役割」

大沢 真知子氏(日本女子大学人間社会学部現代社会学科教授、同現代女性キャリア研究所所長)

 南イリノイ大学経済学部博士課程修了。Ph. D(経済学)。コロンビア大学社会科学研究センター研究員、シカゴ大学ヒューレット・フェロー、ミシガン大学助教授、亜細亜大学助教授を経て、現職。専門は労働経済学。
 最近の主な著書は『働き方の未来 非典型労働の日米欧比較』(編著、日本労働研究機構、2003)、『ワークライフバランス社会へ』(岩波書店、2006)、『ワークライフシナジー』(岩波書店、2008)、『日本型ワーキングプアの本質』(岩波書店、2010)、『妻が再就職するときーセカンド・チャンス社会へ』(NTT出版、2012)。内閣府「仕事と生活の調和連携推進・評価部会」委員。

<第2部>

パネルディスカッション「女性の再チャレンジへの意欲を促す『学びなおし教育』の周知と拡充」
 大沢 真知子氏(日本女子大学人間社会学部教授)
 鈴木 秀洋氏(文京区男女協働子育て支援部 男女協働・子ども家庭支援センター担当課長)
 中島 隆氏(株式会社ネオテクノロジー代表取締役社長)
 三宅 真弓氏(チャートジャパン株式会社、日本女子大学リカレント教育課程修了者)
 コーディネ-ター:紙谷 雅子氏(学習院大学法学部教授)

5.場所
文京シビックセンター26階「スカイホール」
アクセス:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」駅 4a・5番出口より徒歩1分
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日」駅 文京シビックセンター連絡口より徒歩1分
JR総武線「水道橋」駅 東口より徒歩9分
【ご参加の方は:お申込方法】※お申込は締め切りました。多数のご参加、ありがとうございました。
  • お申込フォームから、必要事項を入力して12月3日(火曜日)までにお申込ください。
  • FAXでもお受けしています。氏名、企業・団体・学校名、連絡先(メール・電話・FAX)をご記入のうえ、事務局(03-5362-0121)までお送りください。
主催
内閣府、男女共同参画推進連携会議婦人国際平和自由連盟(WILPF)日本支部
共催
日本女性法律家協会 、文京区
後援
日本女子大学
お問い合わせ
事務局(株式会社オーエムシー)(電話03-5362-0120)

男女共同参画週間キャッチフレーズ

内閣府男女共同参画局  Gender Equality Bureau Cabinet Office
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)