平成29年度女性のチャレンジ賞候補者の公募について→公募期間終了

内閣府では、多くの国民に個性と能力を発揮できる男女共同参画社会を身近に感じてもらえるよう、「女性のチャレンジ賞」の表彰を実施しています。

平成29年度も、一般の方からの他薦を募集しています。

あなたの知っている、チャレンジし、輝いている女性、団体・グループを是非御紹介ください。

  1. 目的

    男女共同参画社会の形成の促進にあたっては、誰もが自らの意欲と能力によって自分の未来を切り開いていくこと、夢や志を実現することが可能であると信じられるような、柔軟で活力ある社会にしていくことが大切です。

    しかしながら、現状では、女性が、変化に応じて、様々な分野でチャレンジし、豊かさを感じられる生活を送るため、自分にとって適切な選択を行うための具体的イメージを描くことが難しい状況です。

    そこで、起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、女性団体・グループ及びそのようなチャレンジを支援する団体・グループ等を顕彰し、チャレンジの身近なモデル等を示すことによって男女共同参画社会の実現のための機運をさらに高めていきます。

  2. 表彰の種類
    • (1)女性のチャレンジ賞(4件程度)
    • (2)女性のチャレンジ支援賞(1件程度)
    • (3)女性のチャレンジ賞特別部門賞(3件程度)
    ○テーマ「女性の職場における活躍促進のための、企業の枠を超えた取組」

    平成28年4月に全面施行となった女性活躍推進法では、女性に対する採用・昇進等の機会の積極的な提供、職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立を可能とする環境づくりなどにより、女性の職業生活における活躍を推進することを目的としています。

    一企業内での積極的な対応や環境整備にとどまらず、誰もが働きやすい環境の整備及び積極的な機会の提供に向けて、意識啓発や、リーダーシップ・スキルの開発のための研修、さらにはネットワーキングの機会を女性に提供するなど、企業や業種を超えて横断的に取り組む女性個人・女性団体等を表彰することで、女性の職場における活躍を後押しする効果を期待するものです。

  3. 表彰の対象
    • (1)女性のチャレンジ賞

      政策・方針決定過程に参画し主導的立場を担っていくことを目指す「上」へのチャレンジ、新たな分野に活躍の場を広げる「横」へのチャレンジ、出産・育児後の再チャレンジで活躍しており、チャレンジの身近なモデルになると思われる女性個人、女性団体・グループ。

    • (2)女性のチャレンジ支援賞

      (1)にあるような女性のチャレンジについて積極的な支援を行い、男女共同参画社会の形成の促進に寄与したと認められる団体・グループ(女性のみならず、男女共同参画社会の形成の促進に寄与したと認められる男性(家事・育児、地域活動等を積極的に行う男性)の支援も含む)。

    • (3)女性のチャレンジ賞特別部門賞

      次の各号に該当する者のうち、当該年度の特別部門に該当する者。

      • 1.(1)にあるようなチャレンジを行っている女性個人、女性団体・グループ
      • 2.(1)にあるような女性のチャレンジについて積極的な支援を行っている団体・グループ
      • 3. 2のほか、女性が(1)にあるようなチャレンジを行いやすい環境の整備に貢献している個人、団体・グループ
  4. 応募締切
    • 平成29年3月3日(金)まで(必着)
  5. 応募方法
    • (1)応募書類等提出方法
    • 下記応募フォームより必要事項を御入力ください。
    • 応募フォーム
    • ※必要事項の他、参考資料を提出されたい場合は、応募フォーム備考欄に参考書類を郵送する旨を明記していただき、以下の宛先に郵送をしていただくことができます。
    • 【送付先】
      • 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
        内閣府男女共同参画局総務課「女性のチャレンジ賞募集係」あて
    • (2)提出にあたっての注意事項
    • ・応募フォームへの御入力をせずに参考資料等の郵送をすることは御遠慮ください。
      ・大量の画像データ(CD-ROM、DVD-ROM)等の送付は御遠慮ください。
  6. 選考及び決定の方法

    被表彰者は推薦された候補者の中から、女性のチャレンジ賞選考委員会の審査を経て、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)が決定します。

    なお、被表彰者は、起業、NPO法人での活動、地域活動などにチャレンジし、活躍する女性個人、女性団体・グループ及びそのようなチャレンジを支援する団体・グループで、次の項目を踏まえたものとします。

    1. 被表彰者又は被表彰者の支援する者は、そのチャレンジを見た女性が自らもチャレンジしたいと思うような身近なモデルであること。
    2. 被表彰者又は被表彰者の支援する者のチャレンジは、男女共同参画が進展している事例として人々に訴えかけるものであること。
    3. 被表彰者又は被表彰者の支援する者は、チャレンジの結果、成功を収めた者であること。
    4. 被表彰者又は被表彰者の支援する者のチャレンジは、従来女性の参加が少なかった、あるいはなかった分野へのチャレンジであること。
    5. 被表彰者又は被表彰者の支援する者は、今後も様々な分野において活躍することが期待できる者であること。
  7. 表彰

    表彰状及び記念品を授与して表彰します。

    なお、表彰式は、男女共同参画社会づくりに向けての全国会議開催日(6月下旬)に行う予定です。

  8. その他
    • 申請書類は、一切返却いたしませんので御了承ください。
    • 推薦された部門以外の部門での表彰がふさわしいと判断された場合には、別の部門での表彰となる場合があります。
    • 当該被表彰者には、6月上旬頃までに内閣府から御連絡いたします。
      非該当者には、御連絡いたしませんので、あらかじめ御了承願います。
      なお、審査内容の詳細、審査結果等に対する異議申立てについては一切お受けできません。
    • 推薦調書に記載された個人情報は、本推薦及び表彰に関連する用途に限って使用し、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づき適正な管理を行います。
  9. 問合せ先
    内閣府男女共同参画局総務課 女性のチャレンジ賞担当
    〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
    電話 03-5253-2111(代表)
    FAX 03-3581-9566