女性応援ポータルサイト

安全・安心安全・安心な暮らしをしたい

性犯罪被害者等の支援

個人・女性ラベル 主に女性向け

個人・男性ラベル 主に男性向け

性犯罪被害相談窓口の設置
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

各都道府県警察では、「性犯罪被害110番」等の性犯罪被害相談電話窓口を設置し、性犯罪に係る被害や捜査に関する相談に応じています。

各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながる全国共通の短縮ダイヤル番号「♯8103(ハートさん)」を導入しています。ダイヤルすると発信された地域を管轄する各都道府県警察の性犯罪被害相談窓口につながります。

性犯罪被害相談電話窓口は、各都道府県警察で受付時間が異なります。
平日の受付時間外や土、日、祝日は、当直員、留守番電話又はFAXによる対応となります。

性犯罪被害相談電話設置全国共通番号「#8103(ハートさん)」
(http://www.npa.go.jp/higaisya/seihanzai/seihanzai.html)
別ウインドウで開きます

関連サイト

警察による犯罪被害者支援ホームページ
(http://www.npa.go.jp/higaisya/index.html)
別ウインドウで開きます

開始時期

継続

担当省庁

警察庁
刑事局捜査第一課
長官官房 給与厚生課 犯罪被害者支援室

性犯罪被害者に対するカウンセリングの充実
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

警察では、性犯罪被害者の精神的負担の軽減・被害回復を図るため、性犯罪被害者のニーズに応じたカウンセリングを実施しています。

専門技能を有する警察職員がカウンセリングを行うほか、精神科医やカウンセラー、被害者支援団体等との連携により、警察部外の専門家に対しカウンセリングの委嘱をしています。

精神的被害の回復への支援
(http://www.npa.go.jp/higaisya/shien/pdf/higaisyashienP29_31.pdf)
別ウインドウで開きます

関連サイト

警察による犯罪被害者支援ホームページ
(http://www.npa.go.jp/higaisya/index.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

警察庁
長官官房 給与厚生課 犯罪被害者支援室

民間被害者支援団体における性犯罪被害者支援の充実
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

警察への被害申告や病院での診察をためらう性犯罪被害者が、安心して被害を相談できるようにするため、民間被害者支援団体の情報を掲載しています。

全国被害者支援ネットワークに加盟する民間の被害者支援団体は、全ての都道府県で設立されており、これらの団体は、電話又は面接による相談、裁判所へ赴く際の付添い等の直接支援、相談員の養成及び研修、自助グループ(遺族の会等)への支援、広報啓発活動等を行っています。

関係機関・団体などとの連携
(http://www.npa.go.jp/higaisya/shien/pdf/higaisyashienP29_31.pdf)
別ウインドウで開きます

関連サイト

警察による犯罪被害者支援ホームページ
(http://www.npa.go.jp/higaisya/index.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

警察庁
長官官房 給与厚生課 犯罪被害者支援室

子供の性被害に関する相談対応
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

各都道府県警察では、児童買春や児童ポルノの製造等の子供を対象とする性的な犯罪被害等に関する相談を受け付ける少年相談専用の電話やメールを設置し、警察職員が相談に応じています。

相談窓口の開設時間は、各都道府県警察で異なります。
詳しくは各都道府県警察にお尋ねください。

都道府県警察の少年相談窓口
(http://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/syonen/soudan.html)
別ウインドウで開きます

開始時期

継続

担当省庁

警察庁
生活安全局 少年課

子供の性被害防止のための広報啓発
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

警察庁では、児童買春や児童ポルノの製造等の子供の性被害を許さないという国民意識の向上を図るためのポスターや被害防止のためのポイント等を盛り込んだ啓発漫画、リーフレットを作成しています。

警察庁ウェブサイトには、子供の性被害防止を訴える広報ポスターや、中高生向けの自画撮り被害防止啓発漫画、性被害に遭った子供への支援内容や相談窓口を紹介したリーフレット、コミュニティサイト等に起因する最近の犯罪被害事例や被害防止対策等を紹介したリーフレットを掲載しています。
ウェブサイトに掲載されているポスター等については、プリントアウトすることもできます。

子供の性被害対策
(https://www.npa.go.jp/policy_area/no_cp.html)
別ウインドウで開きます

開始時期

継続

担当省庁

警察庁
生活安全局 少年課

いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発
  • 個人・女性ラベル
  • 企業・団体ラベル
  • 地方自治体等ラベル

概要

近年、モデルやアイドルのスカウトに見せかけた勧誘等をきっかけに、若い女性が性的な暴力の被害を受ける問題が発生しています。
こうした被害の防止と根絶に向け、啓発サイトを設けるなどの広報啓発活動を行っています。また、特に4月を被害防止月間と位置づけ、政府一体となって集中的に広報啓発に取り組んでいます。

「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発サイト」では、被害事例や被害防止のための情報、被害にあってしまった場合に相談できる専門の窓口などを紹介しています。

いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発サイト
(http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

内閣府
男女共同参画局 推進課 暴力対策推進室
03-5253-2111(代表)

性犯罪・性暴力被害者支援情報
  • 個人・女性ラベル

概要

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(一覧)

性犯罪・性暴力に関する相談を受け付け、関係機関と連携し、産婦人科医療、相談・カウンセリング等の心理的支援、捜査関係の支援、法的支援等を行っています。

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(一覧)
(http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/pdf/one_stop.pdf)
別ウインドウで開きます