女性応援ポータルサイト

安全・安心安全・安心な暮らしをしたい

女性を対象とする犯罪の未然防止

個人・女性ラベル 主に女性向け

個人・男性ラベル 主に男性向け

企業・団体ラベル 企業や団体の経営者や管理部門の方向け

地方自治体等ラベル 地方自治体や行政機関の方向け

タイムリーな情報発信と防犯教室の充実
  • 個人・女性ラベル

概要

防犯意識を高めるため、女性が被害に遭った声掛けやつきまとい事案等の発生に関する迅速な情報発信活動を推進し、学校や企業と連携した参加・体験型の防犯教室を開催しています。

都道府県警察のウェブサイトや電子メール等を活用し、声掛けやつきまとい等の事案発生に関する情報を発信しています。また、学校、企業と連携し、警察官による防犯講話や護身術に関する教養など参加・体験型の防犯教室を開催しています。
詳しくは各都道府県警察にお尋ねください。

関連サイト

担当省庁

警察庁
生活安全局 生活安全企画課
03-3581-0141(代表)

先制・予防的活動の推進
  • 個人・女性ラベル

概要

性犯罪の前兆とみられる声掛け、つきまとい等の段階で行為者を特定し、検挙又は指導・警告を講じる先制・予防的活動を推進しています。

都道府県警察に先制・予防的活動を専門に行う子供女性安全対策班を設置し、子供や女性を被害者とする性犯罪などの未然防止を推進しています。
詳しくは各都道府県警察にお尋ねください。
各種の相談は、#9110(各都道府県警察の相談窓口)でも受け付けています。

関連サイト

都道府県警察等リンク(http://www.npa.go.jp/link/prefectural.html)別ウインドウで開きます

担当省庁

警察庁
生活安全局 生活安全企画課

アダルトビデオ出演強要問題に関する取組
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル
  • 企業・団体ラベル

概要

アダルトビデオ出演強要問題に関して、①相談体制の充実、②消費者契約法の周知、③適格消費者団体が実効的に活動できるよう環境整備に取り組んでいます。

国民生活センターが実施する消費生活相談員向けの研修において、講師がアダルトビデオ出演強要問題に関する相談を想定し、相談内容に応じて警察、女性センター、法テラス等の専門機関の紹介を適切に行うよう講義を行っています。
また、消費者契約法に基づき、契約を取り消すことができる場合があることや、契約のキャンセルの際に高額な違約金が発生することを定めた契約条項が無効となる場合があること等、不当な契約から身を守るための知識を掲載しています。
さらには、内閣総理大臣の認定を受けた適格消費者団体がアダルトビデオ出演強要問題における不当な行為に対して実効的に差止請求ができるよう、環境整備に取り組んでいます。

関連サイト

アダルトビデオ出演強要問題と消費者契約法の適用について
(http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/other/)
別ウインドウで開きます

開始時期

継続

担当省庁

消費者庁
消費者教育・地方協力課
03-3507-9174

消費者制度課
03-3507-9252