女性応援ポータルサイト

仕事就業・再就職したい

ひとり親家庭の方への就業支援

個人・女性ラベル 主に女性向け

個人・男性ラベル 主に男性向け

企業・団体ラベル 企業や団体の経営者や管理部門の方向け

地方自治体等ラベル 地方自治体や行政機関の方向け

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭の親に対し入学準備金・就職準備金を貸し付けます。

養成機関への入学時に、入学準備金として50万円を貸付けます。
養成機関を修了し、かつ、資格を取得した場合に、就職準備金として20万円を貸付けます。
貸付を受けた方が、養成機関卒業から1年以内に資格を活かして就職し、貸付を受けた都道府県又は指定都市の区域内等において、5年間その職に従事したときは、貸付金の返還を免除します。

関連サイト

H27補正予算成立後開始予定

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

母子家庭等就業・自立支援センター事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

母子家庭等就業・自立支援センター等で、就業相談から就業支援講習会、就業情報の提供に至るまでの一貫した就業支援サービス等を提供するとともに、養育費の取り決め等について相談・情報提供、面会交流の支援等を実施し、母子家庭等就業・自立支援事業を推進します。

母子家庭等就業・自立支援センターにおいて、就業相談、就業支援講習会、就業情報の提供等を行います。また、養育費に関する相談や面会交流に関する支援を行います。 利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

母子家庭等就業・自立支援センター事業について
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062967.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

ひとり親家庭の在宅就業推進事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

在宅就業推進事業を拡充し、自営型の在宅就業を希望する方が、業務を行いながら独り立ちに向けたノウハウを蓄積できるよう、「在宅就業コーディネーター」(仮称)がサポートを行う事業を実施します。

在宅就業を希望するひとり親に対し、在宅就業コーディネーター(仮称)による支援を通じ、自営型の在宅就業や企業での雇用(雇用型テレワーク)への移行を支援します。(在宅就業に必要な基本的なスキルの習得が必要な場合には、母子家庭等就業・自立支援センター事業で行われている訓練等を受けます。)具体的には、在宅就業に係る業務の調達、在宅就業者への業務発注、在宅就業者が納入した業務の検収と納品を行うなど、在宅就業者のサポートを行います。
利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

関連サイト

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

母子・父子自立支援プログラム策定事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

個々のひとり親家庭の親の実情に応じた自立支援プログラムを策定し、ハローワークや母子家庭等就業・自立支援センターと連携して、きめ細かな就業支援等を行います。

ひとり親家庭の方で、児童扶養手当を受給されている方の生活や子育ての状況、求職活動や自立・就業に向けた課題を把握し、生活支援・就業支援、各種の雇用関係助成金等のメニューを組み合わせて、個々の実情に応じた「母子・父子自立支援プログラム」をつくります。また、プログラム策定後の状況を踏まえ、随時プログラムの見直しを行うことにより、就職や自立につながる目標を達成できるようサポートします。
利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

母子・父子自立支援プログラム策定事業について
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000074680.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

子供の貧困対策として、ひとり親家庭の親の学び直しを支援することで、より良い条件での就職や転職に向けた可能性を広げ、正規雇用を中心とした就業につなげていくため、ひとり親世帯の親が高卒認定試験合格のための講座(通信講座を含む。)を受け、修了した時及び合格した時に受講費用の一部を支給する事業を実施します。

【高卒認定試験合格のための講座(通信講座を含む。)を修了した場合】
受講費用の2割を支給します。
【高卒認定試験に合格した場合】
上記に加えて、受講費用の4割を支給します。

※最大、受講費用の6割(上限15万円)を支給します。

利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業について
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000074604.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

母子家庭等自立支援給付金事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

地方公共団体が指定する教育訓練講座を受講したひとり親に対して、講座修了後に受講料の一部を支給します。また、経済的自立に効果的な資格を取得するため1年以上養成機関で修業する場合に、生活費の負担軽減のため高等職業訓練促進給付金を支給するとともに、養成課程の修了後に修了支援給付金を支給します。

【自立支援教育訓練給付金事業】
ひとり親の方が就職に結びつく教育訓練講座を受けた場合には、受講費用の6割を支援します。
【高等職業訓練促進給付金等事業】
看護師、介護福祉士、保育士等の資格を取得するため1年以上養成機関で修業する場合に、受講期間中、生活費として月額最大10万円(上限3年)を支給します。また、養成課程の修了後はさらに最大5万円を支給します。

利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html)
別ウインドウで開きます

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

ひとり親家庭への相談窓口の強化事業
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

ひとり親家庭が抱える様々な課題に対応し、生活支援や就業支援に関する適切な支援メニューを組み合わせた総合的・包括的な支援を行うため、母子・父子自立支援員に加え、新たに就業支援専門員を配置し、地域の実情に応じたワンストップ相談窓口の構築を推進します。

母子・父子自立支援員が支援対象者の抱える課題を把握し、児童扶養手当の手続きや養育費の確保等の子育て・生活支援を行い、就業支援専門員がマザーズハローワークへの同行支援など、就労・キャリアアップに向けた助言、情報提供等の就業支援を行うことで、ひとり親家庭に必要な支援をワンストップで提供します。
利用の可否については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

担当省庁

厚生労働省
雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
03-5253-1111(代表)

ひとり親家庭の方のための就労による自立に向けた支援
  • 個人・女性ラベル
  • 個人・男性ラベル

概要

児童扶養手当受給者等の方を対象に、就労による自立に向けた支援を、地方公共団体の庁舎内にあるハローワークの窓口で実施します。

地方公共団体の庁舎内にあるハローワークの相談窓口等で、児童扶養手当受給者等の方を対象に、以下の無料サービスを行っています。

  • 全国各地の求人情報(仕事情報・企業情報)が検索できます。
  • 仕事探しに関する相談に応じます。
  • 担当者制による個別支援を行います。
  • 就職後のフォローも行います。

担当省庁

厚生労働省
職業安定局 派遣・有期労働対策部 企画課就労支援室
03-5253-1111(代表)