平成20年版男女共同参画白書

本編 > 第1部 > 第6章 > 第1節 教育分野における男女共同参画

第1節 教育分野における男女共同参画

(女子の大学進学率は上昇傾向)

平成19年度の学校種類別の男女の進学率をみると,高等学校等への進学率は,女子96.6%,男子96.1%と,若干女子の方が高くなっている。大学(学部)への進学率をみると,男子53.5%,女子40.6%と男子の方が10ポイント以上高い。しかし女子は,全体の11.9%が短期大学(本科)へ進学しており,この短期大学への進学率を合わせると,女子の大学進学率は52.5%となる。近年,大学(学部)への女子の進学傾向が上昇している一方で,短期大学への進学率は6年度の24.9%をピークに,ここ数年激減している。

大学(学部)卒業後,直ちに大学院へ進学する者の割合は,平成19年度では男性15.0%,女性7.0%となっている(第1-6-1図)。

第1-6-1図 学校種類別進学率の推移 別ウインドウで開きます
第1-6-1図 学校種類別進学率の推移

▲CSVファイル [Excel形式:4KB]CSVファイル

(男女の専攻分野の偏り)

大学(学部)における学生の専攻分野をみると,女子学生が最も多く専攻している分野は,ここ数年は社会科学が一番多くなっている。平成19年では,女子学生全体の28.1%が社会科学分野を専攻しており,社会科学分野を専攻している全学生の3割以上が女子となっている。また,工学分野を専攻する女子学生は,工学分野専攻の全学生の10.5%となっている一方,人文科学分野を専攻する女子学生は人文科学分野専攻の全学生の66.3%となっており,男女の専攻分野の偏りがみられる(第1-6-2図)。

また,女子学生の大学院における専攻分野については,修士課程では人文科学,社会科学の分野が並んで多く,これに次いで工学,教育,保健の分野が多くなっている(第1-6-3図)。全学生に占める女子学生数の割合について,近年の増加が特に大きいのは社会科学,工学,保健の分野である。また,修士課程における社会人学生のうち,平成19年では女子は半数近い47.1%を占めている。

博士課程では,保健,人文科学の分野での専攻が多く,また,法科大学院では,30.2%が女子となっている。

第1-6-2図 専攻分野別にみた学生数(大学(学部))の推移 別ウインドウで開きます
第1-6-2図 専攻分野別にみた学生数(大学(学部))の推移

▲CSVファイル [Excel形式:2KB]CSVファイル

第1-6-3図 専攻分野別にみた学生数(大学院(修士課程))の推移 別ウインドウで開きます
第1-6-3図 専攻分野別にみた学生数(大学院(修士課程))の推移

▲CSVファイル [Excel形式:2KB]CSVファイル

(社会教育での学習者)

生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができるよう,多様な学習機会の整備が進められているところであるが,大学での社会人学生や,放送大学で学ぶ人々,公民館,青少年教育施設における学級・講座の受講者については女性の割合が高い。文部科学省「社会教育調査」(平成17年度)によると,公民館における学級・講座の受講者のうち,66.6%を女性が占めている。

(上位の職に少ない女性教員の割合)

初等中等教育について女性教員の割合をみると,小学校では教諭の6割以上を女性が占めているが,中学校,高等学校と段階が上がるにつれて低くなっている。校長及び教頭に占める女性の割合は,小学校の校長で平成2年の4.1%が19年には17.9%と大幅に上昇しているのを始め,長期的には上昇傾向にあるが,その割合は教諭に比べて依然として低い。

大学,短期大学の全教員に占める女性の割合をみても,短期大学では5割近いが,大学では1割台にとどまっており,特に教授,学長に占める女性の割合は低い(第1-6-4図)。

第1-6-4図 本務教員総数に占める女性の割合(初等中等教育,高等教育) 別ウインドウで開きます
第1-6-4図 本務教員総数に占める女性の割合(初等中等教育,高等教育)

▲CSVファイル [Excel形式:1KB]CSVファイル