泣いているリス 恋人に対して不満やイライラがたまってしまっているあなたへ

恋人のことを、自分のものと思っていませんか?

恋人のことを思う時、幸せな気持ちになりますか?それとも、「自分のことを分かってくれない」「特別な関係なのに、自分の存在を無視している!」などと怒りが沸いてくることがありますか?好きな人と一緒にいるはずなのに、怒りが止まらなくなって恋人を責めたり、自分の意見を押し付けたりしていませんか。もしそうなら、それは2人の関係がどこかおかしいのかもしれません。

恋人同士だって、一人ひとり違う人。似ているところもあれば、違うところもある。好きなものが一緒の場合も、違う場合もある。時間の使い方も、人との関係性も、それぞれ。それは分かっているけど、恋人だったら、やっぱり自分の思いどおりに動いてほしい。自分の思いどおりに動いてくれないと、「なんで分かってくれないんだ」と、 怒りや嫉妬(しっと)の感情がわいてくる。そして、相手にちゃんとしてほしいから、一方的に、自分の気持ちや意見をぶつけてしまう。そんなあなたの前で、あなたの恋人は、おどおどしたり、おびえていたり、震えていたり。「ゴメン」 と謝り続けていたり、泣いていたり…。

それって、ホントに「恋愛」かな?

「好きだから、気持ちを通じ合わせたい」「一緒にいたい」というのと、「自分の思いどおりに動いてほしい」「独り占めしたい」と相手をコントロールしたり、「自分のモノ」として扱うのは違うことです。相手をコントロールしたり、「自分のモノ」として扱ったりすることは、交際相手に対する「暴力」、いわゆる「デートDV」にあたります。

暴力にはさまざまな種類があります。

どんな事情があっても、暴力をふるっていいという理由にはなりません。

精神的な暴力

  • 大声で怒鳴る・バカにする
  • 交友関係を制限する
  • 無視をする
  • 行動を監視・制限する
  • メールなどをチェックする 等

身体的な暴力

  • 殴る・たたく・蹴る
  • 腕をつかむ・ひねる
  • 髪を引っ張る
  • 物を投げつける
  • 刃物などを突きつける 等

経済的な暴力

  • デート費用を全く払わない
  • 借りたお金を返さない
  • 外で働かせない・仕事を辞めさせる
  • 生活費を渡さない
  • 貯金を勝手に使う 等

性的な暴力

  • 性行為を強要する
  • 避妊に協力しない
  • 見たくないポルノビデオ等を見せる
  • 嫌がっているのに裸等を撮影する
  • 中絶を強要する 等

これらはすべて暴力です。

恋人は、「自分のモノ」ではありません。
あなたと同じように、あなたの恋人も、大切にされるべき、
カラダとココロを持っている一人の尊厳のある人間です。
「イライラ」したり、「不安」なったときは、立ち止まって考えてみてください。


「あなたの心の中は、こんな状態になっていませんか?」

加害者の心の図

大切な人を傷つけてしまう前にちょっとやってみませんか?

  • イライラしたらとりあえず深呼吸。
  • けんかになりそうなときは、勇気をもって相手と離れてみる。
  • 相手にとって本当はどんな自分でいたいのか考えてみる。

こんな気持ちで恋人と付き合い続けるのって、つらくない?
恋人と安心して、楽しく穏やかな時をすごすためには?

安心できる関係づくり

TOPへ戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019