UNIFEM「女性に対する暴力反対キャンペーン」の署名をアルベルティ事務局長に手渡しました。

アルベルディ事務局長に全閣僚分の署名カードを手渡す小渕大臣

国連機関の一つである国連婦人開発基金(UNIFEM)では、女性に対する暴力の根絶に向けて「女性に対する暴力反対キャンペーン」を展開し、日本では麻生総理大臣をはじめとして全閣僚が署名しました。

平成20年12月5日、UNIFEMの事務局長、イネス・アルベルディ氏が、「女性に対する暴力反対キャンペーン」に関する日本の取組みについて謝意を示すため、小渕大臣を表敬訪問されました。

小渕大臣からは、全閣僚分の署名カードと、インターネットでの署名が難しい方のために男女共同参画局で受け付けたファクスによる2,667名分の署名を、アルベルディ事務局長に手渡しました。

小渕大臣は、同キャンペーンについて「目標(全世界から100万人分の署名)をはるかに上回る方々から署名いただき、同キャンペーンが成功裏に終わったのは、このキャンペーンに広く理解と協力をいただいた結果であると、非常に嬉しく、また、大変心強く感じている。こうした大きな声を受け止め、施策を展開していきたい。」と述べました。

アルベルディ事務局長は、「日本の全閣僚が署名していただいたことは、「女性に対する暴力反対キャンペーン」への大変大きな支援となった。UNIFEMは貧困の撲滅、女性に対する暴力の撤廃、HIV/AIDS対策、女性の政治参画(ガバナンス)の4分野に力を入れた活動をしている。UNIFEMの活動について、日本の皆さんにもっと知ってもらいたい。」と述べられました。

  • インターネットによるUNIFEMホームページへの署名 5,066,549名
  • 内閣府に寄せられたファクス 2,667名

(関連サイト)