内閣府男女共同参画局 GENDER INFORMATION SITE

内閣府ホーム > 内閣府男女共同参画局ホーム > 国際的協調 > 国連機関 > UN Women

内閣府共通検索

UN Women

UN Womenとは

2010年7月の国連総会決議において、既存のジェンダー関連4機関であるジェンダー問題事務総長特別顧問室(OSAGI)、女性の地位向上部(DAW)、国連婦人開発基金(UNIFEM)、国際婦人調査訓練研修所(INSTRAW)を統合し、「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(UN Women)」として新たな機関が2011年1月に発足することが決定されました。国連改革の課題の一環としてUN Womenの設立は実現され、より大きな効果をもたらすために4機関の財源及び権限が統合されました。

ジェンダー平等と女性のエンパワーメントを最優先事項と位置付けてきたパン・ギムン国連事務総長は、「UN Womenは、世界でのジェンダー平等の促進、機会の拡大等に関する国連の取組を大いに高めるだろう」と述べています。

UN Womenは、世界、地域、国レベルでのジェンダー平等と女性のエンパワーメントに向けた活動をリード、支援、統合する役割を果たしています。

UN Womenホームページ

初代事務局長

初代UN Women事務局長(兼国連事務次長)は、前チリ大統領のミチェル・バチェレ氏です。バチェレ氏は、彼女のキャリアを通して、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントを支持してきました。大統領在任中も、女性と子どものための社会保護プログラムや、託児所の設置等に取り組んできました。

2012年11月に、バチェレ氏は日本を訪問し、幅広い関係者と意見交換を行い、我が国とUN Womenとの協力関係の一層の強化が確認されました(⇒概要 )。

執行理事国

UN Womenには、41か国からなる執行理事会が設置されています。2010年11月に行われた執行理事会理事国選挙において、我が国は同機関の初代執行理事国に選出されました。任期は3年です。我が国は、執行理事国として、国連における女性分野の活動が、より効率的・効果的に実施されるよう、同機関の活動に積極的に貢献していく考えです。

  • 優先課題領域
    • 1)女性のリーダーシップと参画を拡大
    • 2)女性の経済的エンパワーメント及び機会の増進
    • 3)女性と女児に対する暴力の予防及びサービスへのアクセス拡大
    • 4)平和・安全・人道的対応における女性のリーダーシップの拡大
    • 5)あらゆるレベルの計画と予算におけるジェンダー平等への対応の強化
    • 6)ジェンダー平等と女性のエンパワーメントに関するグローバルな規範、政策、基準の構築

IMPACT10×10×10

女性のエンパワーメントの推進を支持する男性に呼びかける、HeForSheキャンペーンを加速化するイニシアティブです。

2015年6月に、安倍総理は「IMPACT10×10×10」に参加する10人の国家元首及び政府の長の一人として選ばれました。(⇒概要

男女共同参画週間キャッチフレーズ

内閣府男女共同参画局  Gender Equality Bureau Cabinet Office
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)