本文へジャンプ
配偶者からの暴力被害者支援情報 HOME
TOP>被害者の要望別支援方法>夫(妻)を罰してほしい
キーワード検索
キーワードを自由に入力するか、プルダウンから選択し、
検索ボタンを押してください。クリックで詳しい使い方を確認出来ます。

いわゆる“ドメスティックバイオレンス(DV)”とは
支援マップ
配偶者からの暴力に関するデータ
被害者の要望別支援方法
相談機関一覧
配偶者暴力防止法
関連法令・制度一覧
関連通知一覧
「女性に対する暴力」に関する調査研究
被害者支援のための取組事例
パンフレット・刊行物等
関連機関へのリンク
サイトマップ

 
内閣府男女共同参画局HP
前のページに戻る
被害者の要望別支援方法
ここから本文
被害者の要望ごとに支援の方法と相談機関の情報
夫(妻)を罰してほしい
夫(妻)を罰してほしい場合
夫(妻)の行為が、刑法やストーカー規制法などの刑罰法令に触れる場合は、処罰することも可能です。

各機関及び法令・制度の詳細は、各項目をクリックしてください。

最寄りの警察署等に被害を申告し、加害者を処罰してほしい旨の意思を明確にします。ここから、加害者の処罰に向けた手続が進められることとなります。

>>刑事事件手続の流れ
警 察
Q&A 「告訴、告発、被害届の違いは何ですか。」
告訴とは、被害者及び法律で告訴権を与えられた者(以下「告訴権者」という。)が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示をいいます。
告発とは、告訴権者以外が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示をいいます。
被害届とは、被害者が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告するものです。告訴とは異なり、犯人の処罰を求める意思表示は不要ですが、実際には、処罰を求める旨の被害感情の記載があることが多くなっています。
▲ ページの先頭へ
内閣府男女共同参画局 Copyright © Gender Equality Bureau Cabinet Office