配偶者からの暴力被害者支援情報 HOME
TOP > DVとは > 暴力の形態 > 身体的なものの事例
キーワード検索
キーワードを自由に入力するか、プルダウンから選択し、
検索ボタンを押してください。クリックで詳しい使い方を確認出来ます。

いわゆる“ドメスティックバイオレンス(DV)”とは
支援マップ
配偶者からの暴力に関するデータ
被害者の要望別支援方法
相談機関一覧
配偶者暴力防止法
関連法令・制度一覧
関連通知一覧
「女性に対する暴力」に関する調査研究
被害者支援のための取組事例
パンフレット・刊行物等
関連機関へのリンク
サイトマップ

 
内閣府男女共同参画局HP
前のページに戻る
いわゆる“ドメスティックバイオレンス(DV)”とは
ドメスティック・バイオレンスについての概要を説明
暴力の形態 〜身体的なものの事例〜
事例:1  
私の髪の毛を引っ張ってひきずり回したり、け飛ばしたり。
それで、私はもう動けなくなって、警察を呼ぶこともできなくて。外にもひきずり出されたりして。
「このまま死ぬような事をされて、それで死ぬんだ」と思いました。
それが一番怖かったことです。(30代)
事例:2  
手を出し始めたと思ったら、今度は私の髪の毛を引っ張って、引き回して。
そうするうちに首を絞めてきたんです。私が首に巻いたスカーフでギュウッと絞められて・・・。
もうその時、私も「終わった」と思ったんです。
相手が手を外した途端に、ウーッと息を吹き返した事に、自分で気がついたんですよ。(60代)
事例:3  
あたしが、何かいろいろ言った時、締めていたベルトを引っ張って抜いて、そのまま叩かれました。
それでベルトのバックルに当たって、頭の上が切れて、3針ぐらい縫いました。(30代)
事例:4  
カーッとしてくると、私の胸ぐらをつかむんですよ。
そして何かわめきながら、壁とかにガンガンぶつけるんです。
座ってる時だと、いきなり押し倒されて同じようにやられるんです。
そんな時は、「あ、殺されるかもしれないな」っていう恐怖が、やっぱりあるんですよ。(50代)
事例:5  
最初に受けた暴力の頃から、だんだんにひどくなっていって、最終的には刃物を持って脅されるという状況でした。この先は「命の危険」が考えられましたし、「子どもを連れて飛び降りたら、ラクになる」というような、そういう状況まで追いつめられてました。(40代)

資料出所:内閣府「配偶者等からの暴力に関する事例調査」(平成13年)
▲ ページの先頭へ
内閣府男女共同参画局 Copyright © Gender Equality Bureau Cabinet Office