先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

先輩に質問!
井上 裕美 プロフィール写真

官公庁のお客様を中心に、プロジェクトマネージャーとして小規模から大規模まで、様々なプロジェクトをリードしています。主にアプリケーション開発やインフラ基盤のシステム構築に関するプロジェクトを担当しており、最新のIT技術に関するソリューションのご提案も行っています。社外活動では、PM学会に所属しており、プロジェクトマネージャーの知見に関する論文を国内外で発表しています。 社内では、IBM若手技術者コミュニティJapan Technical Council のリーダを担当しており若手技術者のテクニカルバイタリティの向上につながる活動を実施しています。またIBM社内女性技術者コミュニティーCOSMOSのコアメンバーとして活動しています。

工学系分野を選択した時期・理由

両親が理数系出身であったことから、理数系に関する話題が家族の中で多かったのか、学生時代は圧倒的に理数系科目の成績がそれ以外と比較すると良かったため、大学進学の際には自然と理数系への道を選びました。

大学では量子力学に関する研究室に入りました。複雑な数式は全然理解が追いつかなくても、PCを使ったシミュレーションを実施したときに何かしらの傾向が見えてくると、小さなことでも自分が大きな発見をしたのではないかと思い、それが刺激的で毎日ワクワクしていたことを思い出します。

会社に入社する際にも、ITの分野は日々変革が激しく、最新のトレンドを学び続ける必要がありますが、そのような最新の動向を追いかけることが挑戦でもあり自身への刺激でもあることからITの会社を選びました。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

プロジェクトマネージャーは、お客様からご要望をいただきプロジェクトを開始してから、期待通りのシステムを成功裏におさめるまでの全体を統括してリードする役割です。

ITの技術は日々変革を続けており、プロジェクトマネージャーは最新のIT技術を追いかけながら、お客様にどのようなシステムをご提供できるかを考え続けています。

システムが成功裏に稼動した後に、お客様に喜んでいただけると、それまでの大変だったことや苦労したことも含めて、すべてがやりがいと感動につながります。日々、挑戦と失敗を繰り返しながら、自分流のプロジェクトマネージャーの知見を培っていくことができるロールに魅力を感じています。

女子中高生・女子学生の皆さんへのメッセージ

2020年にはSTEM教育の一環として小学校ではプログラミングが必須化され、社会は益々最新のIT技術を駆使した仕組みに移り変わっており、これまで以上に無意識に理数系の分野に関わる生活が増えていくのではないかと思います。

学生の皆さんにとって、これからどのような社会人になってどのようなキャリアを描くのか考える時期があると思いますが、理数系の道を選択することはその後の選択肢を広げるきっかけにつながると思います。理数系の分野は、女性が少数派になりがちと思われていましたが、ワークライフバランスも充実し、女性が活躍できる分野です。

日本IBMの女性技術者コミュニティCOSMOSで活動させていただくと、様々なロールで幅広い分野でいきいきと活躍している女性が数多くいるので刺激を受けます。何事にも挑戦あるのみです。カラフルなキャリアを描くためにイノベーションを起こしましょう。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019