先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

荒海 麻由佳仮イメージ
  • 専門は機能性材料開発です。現在は、会社のオリジナル技術である環境発電材料のデバイスプロセス開発と、それを用いた新規ビジネス探索を担当しています。

理工系分野を選択した時期・理由

子供の頃から算数や理科が好きでしたが、本格的に理工系を志したのは中学生の時です。中学の自由研究(卒論に相当するもの)で、温暖化やオゾンホールなどの環境問題をテーマに選びました。

地球について調べただけでなく、誕生当時の環境が類似していたと言われる金星についても試算や考察を加えたことで高く評価をいただき、未知のことを解明していく面白さに目覚めました。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

大学での研究は、現象の理論を解明したり、今まで無かった物を創り出したりといった事が重視される場合が多いと思います。

しかし、企業においては、それらの技術の完成度をさらに上げ社会に役立てられるレベルまで持っていかなければなりません。大変なことも多いですが、自分たちの研究開発の成果で世の中を変えられるかもしれないというワクワク感を胸に仕事ができるのが、最大の魅力だと思います。

女子中高生・女子学生の皆さんへのメッセージ

私が就職した十数年前、女性研究者はとても珍しい存在でしたが、近年は女性の技術者が増えていることをとても嬉しく感じています。実感として、技術系の仕事において女性が男性に及ばない事があるとすれば極端な力仕事くらいで、むしろ天性のコミュニケーション能力や客観冷静な思考力を活かして周りを良い方向に導いている方が多いです。

是非、進路の選択肢として理工系も積極的に検討していただきたいと思っています。