理工チャレンジ 女子中高生・女子学生の理工系分野への選択

先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

仮イメージ
  • K.I さん
  • 東京都市大学 総合理工学研究科 機械専攻 機械システム工学領域

材料の研究

理工系分野を選択した時期・理由

私はもともと物理系の教科が好きだったため、大学でも勉強していきたいという思いから学部を選択しました。また、高校までに物理的現象について学習し、それをどのように社会に役立てているのかに興味があったため、理系学部の中でも工学部を選択しました。選択した時期は、受験を考え始めた二年生の頃です。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

送電ケーブルの絶縁体の破壊に関する評価や破壊のメカニズムの調査を行っています。さらに、装置を自ら設計し作製しています。この研究の魅力は電力ネットワークという誰もが必要とするものに関わっていることです。また、測定や解析だけでなく、装置から考えることができるところが面白いと思います。

女子高校生・女子学生の皆さんへのメッセージ 

この分野を選択する女子学生は少ないです。また、他の分野と比較しても、おしゃれでキラキラしたイメージはないと思います。しかし、この分野は科学で社会に貢献できる素晴らしい分野であると思いますし、男女関係なく活躍できると感じています。遠慮せずに科学に関する社会への貢献に目を向けていただけば、きっと魅力を感じると思います。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019