理工チャレンジ 女子中高生・女子学生の理工系分野への選択

先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

先輩に質問!
大塚里詠プロフィール写真
  • 大塚里詠 さん
  • 株式会社リコー 
  • オフィスプリンティング開発本部MS開発センター第二開発室
  • オフィスで使用する複合機の紙搬送部メカ設計をしております。
    大学で使用していたコピー機が、よく紙詰まりを起こしていたのが気になり、現在の職業を志望しました。

理工系分野を選択した時期・理由

昔理工系に進むことを考えたのは、小学生の頃です。

小学校の社会科見学で、東京都夢の島が廃棄物による埋立地であることを学んだ時、廃棄物の量に驚き、「世の中に生まれるものが最終的に全部資源に戻ればいいのに」と感じたことがきっかけでした。

理系科目が得意というわけではなかったのですが、資源に戻るようなものを作るためには理工系に進んだ方がいいことがわかり、選択しました。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

私は現在、設計者として製品開発を行っています。

設計者という職種の魅力は「自分が設計したものが、形となり、製品として世の中に出る」ことだと思います。多くのメンバーと協力し、様々な困難を乗り越えながら開発するので、製品が完成した時は達成感と感動を味わうことができ、やりがいもあります。

また、個人的には、省資源化など環境負荷低減につながる製品開発を行う企業で、設計者として働くことができ、小学生の頃に抱いていた目標に近づいたのかなと感じています。

女子高校生・女子学生の皆さんへのメッセージ 

もし進路に迷っているのであれば、得意科目から決めるだけでなく、その先どのような分野に携われるのかを調べてみることをお勧めします。私の場合は、理工系に進んだ方が、やりたいと思う職業の選択肢が多かったです。男性が多い職業ばかりではありますが、例えば製造業で言えば、女性も使う製品開発をする時は女性の意見を取り入れるなど、活躍の場は多くあります。

また、出産・育児等のサポート体制を整えている企業も多いので、女性は理工系の仕事をしにくいのではないかという心配もいりません。是非、自分のやりたいことを見つけ、臆することなく進んでください。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019