先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

小机わかえ仮イメージ

理工系分野を選択した時期・理由

昔から理数系の科目が好きだったので、中学生の頃から将来は理工系へ進みたいという漠然とした思いはありました。はっきり決断したのは高校生2年生で文系・理系でクラス分けをしたときです。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

私はカーエアコンの主要部品であるコンプレッサーを開発しており、現在は試作品を性能測定し、評価する仕事を担当しています。製品開発では机上検討ももちろん行いますが、最終的には実測したデータが重要になります。私が測定したデータで新たな事実が発見できたり、次の方向性を決める一助となったときにはやりがいを感じます。

女子高校生・女子学生の皆さんへのメッセージ 

理工系の職業というと個人プレーのイメージがありますが、実際のところは大勢の人と一緒に仕事をする機会が多いです。そして、社内には様々な年齢・性格・経歴の人がいますが、女性の柔軟な適応力が円滑なコミュニケーションを可能にし、仕事を進める上で非常に役立っています。自動車業界の女性技術者はまだまだ少ないです。しかし、少数派だからといって臆するのではなく、むしろ自分にしかない感覚や経歴を活かせるのではないかと思います。理工系の職業は多岐に渡っています。ぜひ様々な分野に興味を持ち、自分が活かせる場所を見つけてください。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019