理工チャレンジ 女子中高生・女子学生の理工系分野への選択

先輩からのメッセージ

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

先輩に質問!
Maya Shahaf (マヤ シャハフ) さん プロフィール写真

I’ve been interested in technology since middle school, and began my computer science related studies in high school. After completing the foundational studies, I enlisted to the military as a system administrator.
After completing my military service, I continued to study for a BA in university while working as an IT support representative at a big technological corporation. All the while, technology kept advancing in a dazzling speed.
Over the years, I’ve found technology kept growing to become a more fundamentally integrated part of everyday life, not only for me, but for many countries around the world. This has been especially true of Cloud Technology.
These days I am a Data Center Operations Technician, a Server Engineer with AWS. As part of my job I am charged with routine maintenance and repair work to ensure the integrity of AWS’ services.

私は中学の頃からテクノロジーに興味を持ち、高校からコンピュータサイエンス関連の勉強をはじめました。基礎教育を終えた後、システムアドミニストレーターとして軍に入隊し、兵役後には、大テクノロジー企業でITサポートとして働きながら、学士を取得するため、大学で勉強を続けました。この間、テクノロジーは常に進化を続けていました。

年月を重ねるごとに、テクノロジーは私だけでなく、世界中において、日々の生活で必要不可欠なものとなりました。クラウドテクノロジーがまさしくそのものです。

私は現在、AWSにて、データセンターオペレーションテクニシャン、サーバーエンジニアとして働いています。AWSのサービスに不可欠な、サーバーやネットワーク機器の日常的なメンテナンスや修復作業などの業務を担っています。

理工学系分野を選択した時期・理由

When I was little I became interested in learning how things worked. I took apart old appliances at home that were not working properly and looked at how they were built. It made sense to me that learning how something was meant to work would help me find what was stopping it from working and fix it. It gave me powerful tools later in life to investigate and fix problems.
I built my first computer when I was 13 years old. We had a family PC, but I wanted something to call my own, to not have to share with the rest of the family. I got some old parts from my uncles and built a system I could use. Just doing this has taught me a lot about the inner working of computers. It taught me how much force I needed to use when installing parts or removing them, what parts are essential and what parts are not required for basic system-builds. I also learned what might happen if I’m being too forceful with the parts.
I went into the technological field in high-school, studying both electrical and electronic logic. I knew STEM professions tend to offer better pay, but mostly I wanted to understand the underlying mechanisms that made those things I played with in my free time work.

小さい頃、製品の仕組に興味を持ち、動かなくなった電気製品などを分解し、どの様に作られているのかを調べていました。製品の仕組みを知る事で、動かない理由を探し出し、直すことができると考えていたからです。この好奇心が現在、探求と問題解決をするためのパワフルなツールとなりました。

13歳の時に、はじめて自作コンピュータを作りました。家族で使用するPCはありましたが、共有するのではなく、自分専用の物が欲しかったのです。叔父から古いパーツをもらい、システムを作り上げました。この過程で、コンピュータの内部設計を知る事ができました。パーツを設置、または取り外す際にどのくらいの圧力を掛けるべきか、ベーシックなシステムを構築する際に、どのパーツが重要で、どれが不要か学びました。また、力を入れすぎると、パーツがどのようになってしまうかについても学びました。

高校時代では電気と電子論理の両方を勉強しました。STEM 系職業の金銭的待遇が良いことは分かっていましたが、それよりも、自由時間に楽しんでいた、製品が動く根本的なメカニズムについて理解したいと思ったからです。

現在の仕事(研究)の魅力やおもしろさ

I became a Data Center operation’s Technician / server engineer after some years away from the technical field. Working in fields that had nothing to do with technology made me realize that I would prefer to work with technology. The interesting aspects of the job are when I am solving a problem, searching for the best solution.
My main scope of responsibility is fixing servers when they break, and fixing networking problems when those arise. There is little that is as rewarding as fixing a broken machine is. To bring it from not-working state to working state is an amazing feeling, and I highly recommend it. However, as part of the job I get to do many different things, like oversee different maintenance activities in the data center, participate in discussions regarding possible improvements to the service. I also have many resources for studying in the office during work hours, to expand my knowledge base.
I love also the fact that I get to work on shifts. I am often on my own in the office. It is very quiet most of the time, but lively in its own way.

テクニカル分野から何年か離れた後に、データセンターオペレーションのテクニシャン/サーバーエンジニアになりました。全く異なる分野で働いた経験により、いかにテクノロジーに関連した環境で働きたいかを認識しました。この仕事での楽しみは、問題を解いている時、最適な解決策を考えている時です。

私の主な業務は、サーバーが故障したら直すこと、ネットワーク問題が発生したら、直すことです。壊れた機械が直った時の喜びは何事にも代えられません。動かない状態から、動くようにさせることは素晴らしい感覚で、お勧めします。また、業務の一環で、データセンター内の様々なメンテナンスを見ることができたり、サービス改善のためのディスカッションへの参加など、様々なことに参加できます。また、業務時間中に知識をさらに深めるための勉強をすることも可能です。シフトでの勤務という点も非常に好きです。オフィスでは1人ということもあります。ほとんどの場合、非常に静かな環境ですが、独特なにぎやかさもあります。

女子中高生・女子学生の皆さんへのメッセージ

To any young girl who is wondering ‘what should I do in life’, the answer is very simple – what you find interesting, what you can sit yourself down to learn, make mistakes and keep learning; that is what you should do. I recommend the technological field. It is a field that is ever growing, with many interesting and innovative new ideas every day. It will never reach a point where you think ‘oh I’ve learned everything there is to know, this is boring’.

人生何をしようかと悩んでいる皆様へ。答えは非常に簡単です。自身にとって、何が興味あるか、知識を深めたいと思うか、失敗を繰り返し、学んでください。テクノロジー分野をお勧めします。テクノロジー分野は常に進化し続け、毎日興味深いイノベーティブなアイディアが生まれる分野なので。全部知り切った、もう学ぶことはない、飽きたということのない業界です。

「先輩からのメッセージ」のトップページに戻る

内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)
法人番号:2000012010019